川崎病院中央待合ホール天井の改修工事の実施について


川崎病院では令和元年11月に策定された「川崎市公共建築物特定天井対応方針」を踏まえ、令和6年1月15日から令和6年6月28日(予定)の間、中央待合ホールの天井を軽量天井に改修する工事を実施しております。

工事期間中の夜間、病院正面入口が御利用できない期間があり、その際は南入口を御利用いただくこととなります。詳細は以下の「(夜間)正面入口が利用できない期間のお知らせ」を御覧ください。


「川崎病院エネルギーサービス事業」について


平成30年3月に策定した「川崎病院医療機能再編整備基本計画」に沿って、既存棟の地下1階に集中的に設置されているエネルギー設備(ボイラー、冷凍機、コージェネレーションシステム等)の更新をエネルギーサービス事業により進めています。

■事業者の公募(令和元年6月)

■プロポーザル評価結果(令和元年10月)

「川崎市立川崎病院医療機能再編整備基本計画」の策定について


市立川崎病院が市の基幹病院としてこれまで担ってきた高度・急性期医療や政策的医療等について、今後増加する医療需要を見据えながら引き続き的確に対応することを目的に、ハード・ソフト両面での機能強化を推進する、医療機能再編整備基本計画を策定いたしました。(平成30年3月)

「川崎市立川崎病院医療機能再編整備基本構想」について


「人口増と高齢化の進展に伴う医療需要の変化への的確な対応」など4つの基本的な考え方や、「患者、家族にとって「最も幸せな」医療を提供できる病院」など6つのあるべき病院像など、再編整備の方向性を取りまとめ、医療機能再編整備基本構想を策定いたしました。(平成29年3月)

「市立川崎病院におけるスマート化の基本方針」について


建物の狭隘化の解消と今後の医療ニーズへの適切な対応を目的とした「医療機能再編計画」の検討を進めるとともに、施設・設備等の経年劣化による病院機能低下の回避やエネルギー関連設備の効率化等にむけた取組を推進するため、市立川崎病院におけるスマート化の基本方針を策定いたしました。(平成27年3月)